奇跡の梅酒

立秋を過ぎ秋茜を見かけるようになって参りました。

朝晩も少しひんやりとしてきたようです。このところは台風4号の影響なのか夕立ち多いですね。
昨日はバイク走行中にまさかの土砂降り。
営業直前にずぶ濡れになるというアクシデントまで発生。
あと5分待ってほしかったな・・・

さて先日、某広告会社のマリコさんと真面目な話してたときに、「今度梅酒のサンプルおくってもらいますね~」なんて言われていたのですが、すっかり忘れていた私。

不意打ちで届きましたよ”奇跡の梅酒”が。


奇跡の梅酒

岩手の南部美人さんが造った日本酒仕込みの梅酒で、原材料は「清酒・梅」としか書かれていません。

砂糖や、その他糖類は一切使われておりません。

同梱されていた資料によりますと、
酸がたちすぎたり、梅のエキスが出なかったりという不具合を調整しながら、遂には「梅酒を造る為の日本酒」を醸造し、完成したのがこの”奇跡の梅酒”

だそうです。

グラスに注ぐとほんのり梅紫蘇色です♪(分かりにくい写真でスミマセン)

奇跡の梅酒グラス

とろけるような甘さを求めて梅酒を飲まれる方には美味しくないと思うのですよ。何と言っても甘くないですから。
実際、うちの従業員には大不評でしたし。

私も初日は酸味や苦味が邪魔で、ロックにしたらまぁ飲める、という感じだったのですが、翌日にはその辺がうまく抑えられてまして、そのままですいすい呑める爽快な味わいとなっておりました。

梅のさっぱりした純米酒です。
アルコール度数も11~12程度なので、本当に何杯でも呑めそうな勢いです。

初日は「難しい」印象でしたがなかなか面白い酒だと思います。

もしかしたら、その内期間限定で1本あるかも知れません。
また、その時はお知らせいたします。忘れてなければ・・・
今回はここまで。
ではまたです