春の鯛しゃぶ鍋セット、2月22日から販売開始

当店の店先には1坪ほどの植え込み部分がありまして、たまに伸びすぎた雑草を抜く以外なにも世話してないのですが、季節ごとに色々な花が咲いていきます。

明らかに自然に生えたとは思えない「誰かが鉢植えでも捨てたのか?」 というようなものもあるのですが、特に困ってないのでまあヨシとしています。(だからといって無闇に捨てに来ないでください)

今は水仙が見頃です。

水仙

春ですね。

というわけで本題。「春の鯛しゃぶ」の開始告知です。

鯛とワカメの春の鯛しゃぶ

先日「鯛ときのこの鯛しゃぶ2月末まで」という記事を書きましたが、きのこを沢山つかって旨味を前面に出した秋・冬の鯛しゃぶと違い、春の鯛しゃぶは「力強い味」がテーマです。

もうしばらくすると「桜鯛」という言葉を耳にする機会も増えてくる時期です。

脂ののる秋冬と違い、少しずつしっかりと身が締まってくる春の雄の鯛。それと今が旬まっただ中のワカメを合わせて、ほのかに香る磯の風味

磯の風味に負けない胡麻だれ酢をおつけして、生命が芽吹きはじめる春の力強さをイメージして作った鍋料理です。

わかめの生長が早いので、1ヶ月ほどしかご用意できない期間限定の料理です。

春の食材はふきのとうやタラの芽などに代表されるように、冬の間鈍っていた感覚をリフレッシュさせ心身の代謝を促す働きがあります。

脂肪を排出する作用とか。

動物も鳥も冬場は丸々してるやつが多いですから、こういうデトックス需要があるのでしょうね。

自然とはうまく出来ているよなとつくづく感心します。

どんなに進化しようと人間も自然の一部に過ぎませんから、春には春のものを食べておかねばなりません。

そういうわけで、「春の鯛しゃぶ」を宜しくお願いします。

今のところ、2月22日から3月21日までの販売予定です。

桜鯛とわかめの鯛しゃぶ鍋

鯛とわかめの鯛しゃぶ 2-3名様用

鯛とわかめの鯛しゃぶ 4-6名様用

ではまた。