お取り寄せ部悠里 開業する少し前のお話

鯛めしラベル

先日のこと、鯛めしセットの包装をしていたときふいに思い出した昔の話です。

お取り寄せ部開業から今年で7年。お陰様で変わらずご好評いただいている「鯛めしセット」ですが、品質表示ラベルでは「鯛めしの素」となっています。

これは悠里開業にあたり、あとから不備が出てきては面倒なので管轄の保健所さんに色々と相談させてもらった結果、

「セットというと、そのままで食べられる印象になるので、品質表示では鯛めしセットよりも”鯛めしの素”とした方が無難ですね」

ということでしたので、そのようになっているのですが、そういえばこのとき結構酷評されたなぁ・・(遠い目)とふいに思い出しましたので、思い出したついでに書いてみます。

開業前にずいぶんと酷評された話

「冷凍でもなく、原材料をそのまま送るのでもない、半調理品(調理完成品でないので惣菜扱いにもならない)を冷蔵で通信販売する。」

個人的にはそんなに珍しいものではないと思っていたのですが、今でも驚かれる方がいらっしゃるのであまり一般的なものではないのかも知れません。7年前なんて尚更そうだったのかも知れません。

とにかく前例があまり無いということで、保健所さんに開業許可申請しに行ったときは結構勾留されました。(そのときの担当さんが他部署から異動してきたばかりということもあったそうです*後日談)

そして品質表示上に不備がないかなど気になっていた点も全ておさえ、さて終わった終わった帰ろうかな、と思ったところで担当さんが発したセリフが、

「ところで、そんなもん本当に売れるの?」

さすがに耳を疑い、この人に前会ったことあったっけ? 店(当時は飲食店も運営)に来たことある人だっけ? 何か気に障ることしたっけ? 前世でこの人に嫌がらせでもしたのか? などと一瞬色々なことを考えましたが、「それは実際にフタを開けてみないと分かりませんね〜」と適当な返事をしてみると、

「どう考えてもわざわざこんなの頼んで食べたい人そんなに居ないよねぇ、商売として成り立つのかなと思ってさ。 だってほら、食べたい!と思ったときにすぐ食べられないわけでしょう?しかも宅急便だから送り賃もいるんでしょ?そんな余分なお金まで払ってわざわざ買うとはどうしても思えなくてね」

7年たってますが原文ママです。とりあえず関西圏の言葉じゃないな、と思いました。

ムキになって反論するほどの優しさと時間は持ち合わせていないので、そうですねーハハハ。では失礼します本日は有難うございました。 とその場を後に。

腸は煮えくり返っていた覚えがありますが、

あの意見がもしかすると世間大多数の意見なのかも知れない。ではどうすれば、すぐに食べられないし送料もかかる、届いてすぐに食べられるものでもない、そんな手間のかかるものを買ってもらえるだろうか?

と改めて考え直すキッカケになりました。

そのお陰で先ほどの怒りは10秒ほどで消滅し、ついさっきまで怒っていたことも忘れていました。

食品のネット通販

ネット通販でお客様が手に入れられる情報は文字・写真・他のお客様のレビューまでです。

味や匂いをネットでとばす技術はまだありません。

その限られた条件の中で、どれだけ商品(料理)の良さを伝えられているだろうかと考えるとまだまだ出来ていないことの方が多いなと思います。たまに、自分には出来ないのではないかと不安になったりもします。

しかしながら、前記事で登場したN嬢の「この鯛めしの美味しさをもっと広く知らしめたいんです!」という言葉や、多くのお客様から頂いているレビューやメールを拝見しながらモチベーションを維持しつつ、もっと自店の鯛めしの美味しさを広く伝えられるように頑張らねばと思います。

不器用なりに、できることからがんばります。

人生精進あるのみ。

そんなもんの鯛めしセット一覧はこちら

鯛めし 通販

鯛めしセット

ではまた。