手の込んだシンプルな料理を。

なす田楽

朝晩がめっきり寒くなって参りました。
ぼちぼち忘年会の下見に来られる方も出てきました。
そろそろ冬がやってくるのだなーと実感します。

先日、半年ぶりにお見えになられたお客様。
鯛めしコースをご予約いただいたのですが、ご予約の際、

「お茄子の田楽を出していただけますか? あのお味が忘れられなくって〜」

と仰られました。(もちろん出しました)

この言葉を最初に聞いた瞬間は色々と複雑な心境だったのです。

茄子の田楽は調理過程だけ見れば、茄子を切る➙揚げる➙味噌と葱のせて終了。な簡単なものですから。

しかしながら、田楽用の味噌を作るのに数時間必要。揚げるときの温度も見誤ると失敗です。

そう考えてを詰めていけば、決して簡単なことではないのだなと。

料理とは 素材に手を加えて食べやすい状態にすること ですが、

ついついやり過ぎてしまうことがあるのです。

それは見た目を華美にしよう とか 複数の食材を組み合わせた複雑な味わいを表現したい とか、

いたって真面目な理由からそうなってしまうのですが、結局、心に残るのはシンプルなものではないかな と思います。

いつも自戒していることでもありますが、料理が技術自慢になってしまわないように、
手間はかけても、それがけばけばしくなってしまわないように、心に残る一品を作ることを考えていきたいと思います

*ゆうりのお取り寄せ 「田楽味噌」

田楽味噌

お取り寄せ部悠里 http://otoriyose-yuuri.jp/