twitterを眺めていて思うこと

今回に限らず、何かトラブルがあった時いつもいつも思うことですが、善意を押し付ける人間が本当に鬱陶しく思います。
私は【助ける】というのは何も決まった形が無くて、その人、その団体・会社おのおのが出来ることをすることだと思うのです。

自分に余裕があれば寄付すればいい

活かせる能力があるなら現地でボランティアすればいい

情報を広めるのもいいし、普段の業務を為すことだって、回りまわって立派な人助けになってる。

にも関わらず、「~しないといけない!」「~するべきだ!」と喚き散らす人達。本当に見ていて気分が悪いですね。

誰もが、自分の正義に従って思考し、行動しています。
価値観と言い換えてもいいですね。
それを他人に押し付けるのは、余りにも自己中心的な発想とは思わないのでしょうか?
その上、熱が冷めればそんな「正義」すら忘れてしまう。
はた迷惑甚だしい


今回の大地震から復興の兆しが見えるまで仮に10年かかるとして、何人の正義の味方がその正義を持ち続けられるのでしょうね?


と、らしくない内容ですいません。。。
あまりにも気分が悪かったもので。
ボチボチ寝ます。お休みなさいませ。
ではまた。