鱧ときのこの秋鱧鍋セットを作りました

今回、珍しく家でブログを書いているのですが外は雨です。この週末はまたもや台風が来るそうで、もううんざりです。大きな被害がなければ良いのですが。

そして週明けはもう10月。
実りの秋、食欲の秋本番ですね。

初夏からご用意してきた「淡路の鱧(はも)」も残すところ1ヶ月となりました。
今年も多くの方にお褒めいただくことができ、大変嬉しく思います。

残り1ヶ月というのに、ここにきて新しい鱧鍋を販売開始しましたので、簡単にご紹介しておこうと思います。

黄金鱧ときのこの秋鍋

秋の鱧鍋

旨味の濃くなる秋の鱧。玉葱も春から寝かされ甘みを強くする時期ですので「淡路のはもすき」も勿論おすすめなのですが、いかんせん梅雨時から販売してきて作る方も食傷気味ですので、少し目先を変えて違う味付けで仕上げてみようかなと思い至りました。

きのこを使った「鯛ときのこの鯛しゃぶ」を応用して鯛の代わりにハモで試作してみたのですが、やはり鯛しゃぶの出汁ではハモの鍋には物足りない。そこで結局一から出汁の配合を作り直し、秋らしく味付けはやや濃厚に。

しっかりと味わえる、ハモときのこの鍋セットが出来ました。

「淡路のはもすき」では締めに素麺をおすすめしていましたが、こちらはコシの強いうどんがおすすめです。(雑炊は言わずもがな)

きのこは鯛しゃぶと同じく、椎茸、平茸、舞茸、エリンギを使っています。それぞれの食感や香りの良さをしっかり楽しめるお鍋になったなと思います。

kinoko

冒頭に述べました通り、ハモが水揚げされる10月末までのご用意となります。

入れ替わりで11月からブリしゃぶが始まるので、いよいよ冬だなぁと感じますね。

短い間のご用意となりますが、ぜひご賞味くださいませ。

🔗鱧とキノコの秋はも鍋セット 2〜3名様用

ではまた