今年も淡路の鱧鍋が始まりました

淡路のはも

風薫る五月。
そろそろ下旬とはいえまだ5月。初夏だというのにすでに蒸し暑い日が続いてげんなりします。今年の夏も酷暑になるのでしょうか。。

鱧鍋はじまりました

そんな夏に旬を迎える「淡路のはも鍋」が始まりました。
昨日立ち寄ったスーパーの鮮魚売り場にも早くも小さな小さなハモが売っていました。
まさかこの時期からスーパーに鱧があるとは。最近のスーパーはすごいですね。

ハモは小さ過ぎると物足りなく、あまり大きくても味がぼけます(焼きものにしたりすり身を作る分にはいいのですが)。

当店で販売しているのは

薄切りのハモを梅ポン酢と合わせてさっぱりと味わう「はもしゃぶ」

ハモと玉葱のうま味で仕上げた芳醇な出汁が決め手の「はもすき鍋」

のニ種類ですが、どちらも400g〜500gぐらいの淡路の鱧を使います。(ちなみに昨日私がスーパーで見たのは200g無いぐらいでしょう。)

安い居酒屋さんなどを除き、ハモの湯引きや焼き霜をするならやはりこれぐらいの大きさがベストですので一番取り合いになる大きさです。
毎年、祇園祭〜天神祭の頃は仕入れ確保するだけで大変です。

鱧の季節は初夏から秋まで

はもしゃぶはお盆頃まで。はもすき鍋は秋までのご用意です。

はも鍋セット 一覧

趣の異なる2つのはも鍋料理。時期の違いでも変化する風味を楽しむのも一興。

書き忘れていましたが、はもすき鍋は今年も野菜なしバージョンをご用意しました。
ハモと鱧だしのセット

はもしゃぶの同様のセットも近い内に作ろうと思いますので、あわせてよろしくお願い致します。

ではまた。