鱧と山椒のつくだ煮で冷やし茶漬け

はも茶漬け

今年は高気圧が強いらしく、例年より早い梅雨明けが予想されているそうです。
梅雨明けが早いのは結構なことですが、梅雨明けはやはり酷暑が待っているそうで今から憂鬱です。

暑い日が続くと冷たいものが食べたくなるもの。
そこで今回は「はもと山椒の佃煮」のご紹介です。

甘辛いコクに仕上げた鱧の佃煮

悠里で販売している「はもと実山椒の佃煮」は、元々飲食店をやっていた頃の夏メニューとして出していた「鱧の冷やし茶漬け」に使っていたものです(冒頭の写真)。

当時から鯛めしが看板商品だったのですが、夏場はさっぱりしているものも欲しくなりますしね。

冷たいお茶をかけてさらさらさらーっとお召し上がりいただけます。
山椒が効いているせいかワサビとは相性が悪いので、佃煮とお茶だけ。
刻み海苔や胡麻はお好みで。

今年から味が濃くなりました

個人的に、渋いぐらい煮だしたお茶で作るのが好きなので今年から少し佃煮の味を濃くしました。
もちろんお茶漬けでなくても、そのまま酒の肴やご飯のお供に良いです。

ついでに佃煮に使っていた容器をガラス瓶からプラ容器に変更したので、その分お値段的には少し安くできました。

佃煮もはもの季節が終わるまではご用意できると思います。
納涼のお供にぜひどうぞ。

ではまた。

鱧と実山椒のつくだ煮 100g【送料無料】🔗