龍力さんの米焼酎、「播龍」

先日の連載シリーズ『狼たちの宴』で登場した、堺のTさん。
実はあの後も2回店に来ていただいてるのですが、米焼酎が好きだ ということで買ってきましたよ。
正当な球磨焼酎を買っても良かったんですが、ついつい変り種を探してしまい目を付けたのが、こちら

播龍  もったいなぁ

播州のドラゴン
『播』は播州の播。
(注:廃藩置県以前の「摂津の国」、「播磨の国」に則り、大まかに言うと兵庫県西部を現在も播州と呼びます。ちなみに東部の「摂津」もそのまま地名・駅名などに残っています)
播州の龍・・・つまりは、龍力”でおなじみの本田商店さんが蒸留した米焼酎です。
こちら、播龍の口上↓

200908140030000
可能な限り、処理してみたのですが読みづらいと思うのでザクっと言うと、
『大吟醸を醸す際に削り落とされる山田錦50%分や、漉されて残った酒粕たち。。 業者に引き取ってもらって二次加工されてたものの、あまりにも勿体無い。。。 なんとか ならんのか!?』
と、いうことで、生み出されたのが”播龍”というワケなんですねぇ
肝心のお味の方は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一升瓶でボトル売りしてしまった挙句、この日やたらと忙しくて、結局私は味見すらすることが出来ませんでした・・
実際に呑まれたTさん、Kさん、スタッフE氏によると、甘みと華やかな香りで非常に呑みやすい米焼酎だということです。
今度こそは私も呑んでやろうと胸に誓いました
オチなし
ではまた。