鯛めしセットにお米がついている理由

コシヒカリ 鯛めし

先日お伝えしておりました、「おとりよせネット」様での鯛めしセットモニター募集.

先週締め切られ当選者も決まったようですが、130件を超える多くのお申し込みをいただきました。
お一人お一人のコメントも拝見させていただきましたが、なんだかもう全員に送って差し上げたい と思いながら読了いたしました。

当選された方には「申し込んで大正解!」と思っていただけるように。外れた方には本気で悔しがってもらえるような鯛めしを送らせていただこうと思います。(そう思っていただけるかどうかをモニター審査していただくわけですが)

スポンサーリンク

鯛めしにお米までついているのは何故なのか

そんな鯛めしセットですが、定期的にいただくのがこちらの質問。

「鯛とお出汁だけのセットは無いんですか?」

「どうしてお米までついているのですか?」

理由は至極明快で、『仕上がりが均一になるように』です。

品種や産地の違いで炊きあがりは変わる

お米にも多くの品種があり、また同じ品種でも産地ごとの特徴があります。

特に炊きあがりを左右するのが吸水率。よく水を吸うお米で炊くときは水(鯛めしの場合は出汁)を増やさないといけませんし、その逆も然りです。

当店では、兵庫県篠山産のコシヒカリを使用していますが、これが新潟産のコシヒカリでは違ってきますし、ササニシキなどの違う品種でも違ってきます。ミルキークイーンなどではだいぶ違います。

実際、過去にお米の無いセットを販売してみたこともあるのですが、レビューを拝見している限り芯まで炊けていなかったりベタベタと柔らかい炊きあがりになってしまったり、仕上がりが違っていたようです。

お米と一番相性の良い水

また水とお米の相性もあります。
基本的に日本の水は軟水ですが、どの水もが全く同じ硬度ということはないでしょう。特に日本酒蔵の方に、神戸近辺の水はやや硬水だと聞いたことがあります。

さらに、米農家の息子さんに聞いた「お米を一番美味しく炊けるのは、お米と同じ土地の水」という言葉が強く印象に残り、それならやはり同じ地域の米と水(出汁)でお届けしようと決意。そのまま現在に至ります。

お米ぐらい自分の家にあるからいいよ と思われる方もいらっしゃると思いますが、そういう訳で鯛めしセットにはお米までセットにさせていただいております。

納得いただければ幸いです。

ではまた

鯛めし 通販

鯛めしセット