鱧ばかり捌いてますという近況報告

神戸は数えるほどしか雨が降りませんでしたが梅雨明けしましたね。

バイク移動がほとんどの私にとって雨が少ないのは嬉しいことですが、雨を必要とする野菜もあるはずなので秋以降の野菜は大丈夫なのか少し気になるところです。瓜などの夏野菜は雨降らない方が良いらしいですけどね。

淡路のはも

うだるような酷暑が続きますがお陰様で鱧鍋(はも鍋)のご注文は例年以上に多く、最近ではハモばかり捌いている気がします。

先週でしたか山鉾巡礼が無事に終わった京都の祇園祭、来週は大阪の天神祭。
馴染みのない方にはピンと来ないかもしれませんが、2つの祭りに欠かせないのが「夏」を旬とする鱧
はも祭りなどと呼ばれることもあります。

今年の天候はハモにとって良かったのか、身質も良いものが多く豊漁らしいです。

毎冬、「はも鍋はないのですか?」と何回か尋ねられますが冬になるとハモは冬眠してます。初夏から秋までの魚です。

鍋料理というとどうしても冬場を連想してしまいますので冬に食べたいお気持ちはよく分かりますが、冬にはご用意出来ません。
夏ならではの味覚ということでご了承くださいませ。

当店の鱧鍋は、薄切り&梅ポン酢でさっぱりとお召し上がりいただく「はもしゃぶ

と、

玉葱を使った豊潤な出汁でほろっと頂く淡路のはもすき」との2種類ご用意しておりますが、先月のブログに書いた通り「鱧のみ」でもご用意しております。

鱧を鍋ではなく、焼き物や天ぷら・フライにされたい方などにも良いかなと。

オプションで鱧のアラ(無料)・鱧だし(〜300円)はおつけできますので、野菜をご自身で用意される場合はこちらの選択肢もお選びいただけると思います。

余談ですが、先人の知恵の結晶と言える「かつお出汁」は直ぐに旨味が出るように作られていますが、魚の骨から出汁をとるのは結構時間と手間がかかるものです。
当店の鱧出汁も作るのに約1時間といったところです。

折角ならお鍋をされる場合は鱧出汁も当店でご用意させていただきたいのが本音ですが、そこはお客様にお任せいたします。

では「鱧鍋セット」、ならびに「はも」をどうぞ宜しくお願いします。

【人気】淡路のはもすき鍋 商品一覧

【さっぱりと】はもしゅぶ鍋 商品一覧

【野菜がいらない方は】はも のみ