辛口の酒

雨ですね~
そろそろ梅雨やなぁー。。

バイクに乗らない日が無い私にとって、ちょっとうんざりする日が続きます。。。

それはさておき、先日の浜福鶴銘醸山廃純米辛口 喜天烈
開栓から3日がたちました。

待ってみたんです・・ 実は、初日飲んだとき正直言って好みの味ではなかったので。

というわけで、感想を時系列に書いてみます↓

スポンサーリンク

浜福鶴銘醸の山廃純米辛口 喜天烈

初日

 ほんのりと山廃らしい癖のある立香は感じるも強くない。口にすると辛い。お世辞にも旨味はあまり感じない。
酸がよく効いてるのか、飲んだそばから味が切れていく。ほとんど何も口に残らない。マグネシウム燃やしたときみたい。

二日目
あまり変化感じられず

三日目
ちょっと落ち着いたのか、辛味は少し無くなる。その分少ーし味の奥行きが感じられる。後味の切れは相変わらず鋭いまま。

ここで、初めて蔵のHPにアクセスして詳細見てみました

ふむ。淡麗 切れ味鋭い さっぱりした後味
  ・・間違ってはないな。
あとやり残してるのは燗と、食事との相性ですか。

八丁味噌使うような濃いしっかりした味付けの料理となら仲良さそうな気がします。
燗にして全然違うものになったりしたら、それはそれで嬉しいんですがどうでしょうねぇ。

それでも好きじゃないと感じたら私とは相性悪かったってことなんでしょうね。
こればっかりは好みですから。

今日は定休日なんですけど、ご予約を頂いたので緊急出勤です。
こんな雨の日に来てもらえるなんてスゴイですね、と自画自賛。

ではまたです。

なんと、この数ヶ月後に化けました!!「喜天烈(浜福鶴酒蔵)が劇的に美味しくなっていた話