加工食品の原料原産地表示制度が始まりました

タイトルの通りで、9月1日から加工食品の原産地表示制度が始まりました

これにより、
国内で製造・加工したすべての加工食品を対象に、使っている量が最も多い原材料の原産国の表示が義務づけられることになりました。

今回の制度にも色々グレーな部分がありますが、食品事故のニュースは頻繁にありますから一買い物客として喜ばしいことです。

スポンサーリンク

「加工食品」は主要原材料の原産地を明記しなければなりません

原産地表示義務

さて今回の対象は「加工食品」でして、鱧すき鍋にしても鯛めしセットにしても、食材そのままの形で販売している当店はほとんど関係ない話なのですが、

全然ニュース本文を読まずにヘッドラインだけ流し読みしていたばかりに、商品の全原材料に対して原産地表示を書き込んでしまってました。(しかも途中で止まってます)

その上、「全部『国産』って書くのは味気ないから、確実なものは都道府県名まで書いておこう」と余計な真似を。。。

不要と知ったときに消してしまっても良かったのですが、もしかするとそのうち制度が適応されるかも知れませんし、HPの表示はこのまま残しておこうと思います。(貼付け用の原材料ラベルは印刷前だったので従来のままです)

制度や罰則が整備されていって、産地偽装などの食品事故がなくなってくれると良いですね。

ではまた